FC2ブログ

悲しいことがありました

ワタクシの母方のおじいちゃんが亡くなりました。

91歳でした。

老衰でなくなったのだから、仕方ないという気持ちです。


なにより泣き崩れる母を見るのが辛かったです。




最後にお焼香をした時、心に願いました。


化けて出ないでね。


でるなら夢にしてね。と

っていうかガチで化けて出ないでね。

祈りが通じたのか全く出てこないです。

っていうか夢にすら出てきません。

なんてことだ!


もうひとつエピソードがあります。

母「親戚に紹介するから2人ともこっちに来なさい」

僕&弟「はーい」

母「(親戚に)息子です。」

親戚「あら~」

と何を思ったのか親戚は僕を指差して

親戚「君が弟で」

ちがーう!!

親戚「(弟を指差して)君がお兄ちゃんね?」

ちがーうちがーう!!


その後もほかの親戚の方々に僕が弟に思われて、

ワタクシが兄であることを当てた方は一人ともいませんでした


挙句の果てに
親戚「お兄さんは何か特殊なお仕事してらっしゃるの?」


特殊な仕事って何だー!!
どんな仕事だー!!



と、明るくまとめてみました
おじいちゃん天国でゆっくり休んでね

スポンサーサイト



時代の変化

エド・はるみ 誹謗中傷行為に法的手続き対応へ
 お笑い芸人のエド・はるみが、一部週刊誌の記事及びインターネット上で展開されている誹謗中傷のコメントに対して、法的手続きの対応を開始したことがわかった。弁護士法人港国際法律事務所のホームページ上で「エド・はるみ氏への誹謗中傷行為に対する法的手続対応のお知らせ」という内容が発表された。(リアルライブ)


すごい時代がきましたね

芸能人やアーティストは美容院や、車屋と一緒で常に待ち営業です。

お客さんに選ばれるまで待たなければいけないのです。

ユーザーが後にどんな悪口を言おうが、反論したりすることが不可能なのです。

芸能人やアーティストも同じで、テレビに映る。CD屋にCDを置く、ライヴをやる。

それらは常に待ち営業であり、ユーザーがどれを選ぼうが、どんな誹謗中傷を言おうが、発信側は言われるままだったのですが、

発信側が、ユーザーを叩く時代が来たのです。

これはある意味の改革だといえます。
ホームページ http://weblog00mei.web.fc2.com/ 

クリラヨシユキ

Author:クリラヨシユキ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
楽曲試聴
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

CHEER ENGINEER
ブログ内検索
RSSフィード
リンク